異常な春

今年のGW前後の岩船港周辺は異常な程の魚影(&釣り人)の濃さでしたね。
 

朝マズメのサビキやジグは、投げて着水と同時にサワラ・サバ・アジ!

更に、季節外れの尺オーバーのカマスまで爆釣状態。

落しサビキも時合が良ければコマセなしで、尺アジや尺超えサバの連発!。

イワシと、それを捕食するイナダ・ワラサは日中に爆釣し、時にはヒラメも!

うちの次男も、そんな激混みの中でも60ワラサをゲットしたとの写メール。


※前回のブログで50匹近くと書きましたが、写真は出しませんでしたが、実は70〜80匹だったんです。
翌日のサーフには大量のイナダやサワラが散乱していました。可哀想でした。(涙)

 

そんなこんなで、お陰さまで!?岩船港周辺は何処も大混雑でした!

岸壁は1m間隔!サーフは2m間隔!遊漁船まで外海に行かず湾内にズラリ。

 

流石にこんな状況の岩船周辺では気持ちのイイ釣りは出来ないので、

岩船より北上するか?南下するか?迷いましたが、

旧荒川町や胎内市の友人が近いってことで15日(日)は胎内市の某サーフへ。

 

胎内市のサーフも数多くありますが、何処のサーフも適度な釣り人の数です。

岩船ほどメチャ混みではありませんので「ホッ!」と安堵。嬉しい(やった!)

 

到着後、ヒラメを片手に帰るアングラーと
「釣れていますか?」「イナダは居ないねー」えっ!?居るでしょー!(笑)

そんな言葉を交わし、キャスト開始。

サゴシらしき魚が跳ねている。

ジグミノー(シンペン)をキャストし、表層をユラユラと・・・。

サゴシ(55僂らい)をゲット。

 

その後、水面を観察しながら釣りをしていると、沖で小魚の群れが跳ねた!?

28gのジグミノーをフルキャスト! あそこまで届くかなぁ〜!?

軽いジャークを入れて、チョッと止めた瞬間
「ヒットー!」。

ガツン!と大きく合わせを入れると「おっ〜!オモテェー!」

 

走るー!走るー!メッチャ、おんもしぇー!!

やっぱ、青物は楽しいですねぇ〜!


釣れたのは、ジャスト60のワラサ



ずり上げたら、ジグミノーを 丸呑みでした!。(笑)



その後メタルジグに替え、サゴシをヒットした後、

スレで(笑)お腹パンパンのコハダ(コノシロ)。


コハダは生寿司にすると美味いんだよねー。キープです。(笑)

 

友人がジグを40gに替え「フルキャスト!」。



フォール中にヒラメ!。(50僂らい)

4時半〜マズメ近く、約1時間半の釣行でしたが十分楽しめました。

今回は胎内市のサーフでしたが、インターネットなどの情報には左右されず、
自分で色々な場所を探し、自ら探り当てる釣りをするのも楽しいものですネ。

 

そうそう、釣り場はキレイに、ゴミは必ず!持ち帰ってネ。

特に岩船港の港ステージ横でアミコマセのサビキ釣りの皆さん、
アミの散らかしは帰宅時にはキレイに流してから帰るようにお願いします。

タバコの吸い殻も「ポイ捨てはダメよ〜!」
 

同じ釣り人としても、岩船の住民としても、
宜しくお願い致します。m(__)m


この記事のトラックバックURL
トラックバック